青クマでくすみが酷い!どうすればいい?

なんだか最近どっと疲れが出ているなと思ったら、目の下が青くなっていたなんてことありませんか?

それは、まぎれもなく青クマです。

青クマはなぜできてしまうのでしょうか?

今回は青クマが出来る原因とすぐできる対策をご紹介していきます。

目の下の青色は血液の色

青クマが出来る原因は血行不良にあります。

目の下の皮膚が薄いため、血行が悪くなると血液がたまって目の下が青く見えるのです。

青クマになる主な原因は生活習慣の乱れにある?

青クマになる原因はまず、寝不足だと言われています。

夜な夜な、パソコンやスマホで、目を酷使していませんか?

目を使い過ぎると眼精疲労になり、血行を悪くして目の下に血液がたまって行くのです。

また、体調不良や体の冷えがある場合も、血行不良が原因で症状に出ているため青クマになりやすいのです。

対策〜睡眠時間を十分確保する〜

睡眠不足は血液の流れを悪くする原因になります。

睡眠をしっかりとるように心がけましょう。

午後10時から午前2時くらいの間は、お肌の再生を高めると言われています。

この時間帯に睡眠をとる事によって、血行が良くなり、青クマを改善してくれます。

体を体を冷やさないこと

冷え症も血行が悪い事が原因で起こる症状ですが、冷えによって青クマが出来る事があります。

夏場は冷房等の冷え対策をする、冬場は外出時に防寒対策をしっかりするなど、日ごろから体を冷やさないように心がけましょう。

対策〜目を温める〜

目元の血行を良くするためには、目元を温めることが大切です。

電子レンジや蒸し器などで温めたタオルを閉じた瞼の上に乗せた方法は、普段パソコンを長時間扱うお仕事をされている方にはかなりお勧めです。

会社などにいる場合は、電子レンジや蒸し器等はないと思いますので、40℃くらいのお湯に浸してタオルを温めたあとに使用されると良いと思います。

青クマが改善されるほか、眼精疲労が回復がされるため、肩コリや頭痛の回復効果もあります。

対策〜マッサージで血行をよくする〜

マッサージ法には色々ありますが、大切なのは強く押しすぎない事です。

目の下の皮膚は薄くデリケート部分なので、強く押したりこすりすぎると皮膚にダメージを与えてしまいます。

それらに気をつけて行いましょう。

目頭の下から、下まぶた、こめかみ、目頭と上になぞるようにしてから、瞼、こめかみへとなぞります。

これを3回くらい行ってください。

血流を促してくれます。

専用のクリームをつけて行うと、より効果的です。

また、仕事の合間に、遠くを見つめたり、眼球をぐるぐる回すという方法も効果が期待されますので、是非試してみてください。

対策〜メイクをしやすい肌作り〜

みなさん、メイクをしっかり落としていますか?

メイクを落としたつもりでも、毛穴などにファンデーションなどがこびりついてしっかり落ちていないという体験した事があるかたも多いと思います。

メイクをしっかり落とさないと、いくら配合のよいコスメを使用しても肌に浸透していきません。

また、アイメイクとベースメイクは別々にクレンジングしましょう。

クレンジングするタイミングは入浴前がベストです。

青クマの改善は、クレンジングをしっかりすることも大切です。

対策〜効果のあるサプリメント〜

青クマが出来る原因の1つ眼精疲労、疲れた目にはサプリメントの摂取も効果があります。

アントシアニンや、ルテイン、コラーゲンを含んだものが良いとされています。

まとめ

いかがでしたか?

クマが気になっているという方、生活習慣をこの機会にみなおしてみてはいかがでしょうか?

忙しい日々を送っている方も、睡眠時間を意識的にとるようにこころがけましょう。

マッサージ法も普段の生活の中で簡単に出来る方法ですので、是非取り入れてきれいな目元を手に入れましょう。

◆いろいろ試しても、なかなかクマが消えないと悩むときは、アイキララを使ってみてください。

クマも目元のたるみやシワもケアすると口コミ評価も高いからです。

アイキララの口コミ評価!目元のシミやクマが薄くなる効果って本当?

u