ビーグレンのハイドロキノンは安全に美白できる?

美白したいと思った時に色々調べてみるとハイドロキノンが効果があると知る方は多いと思います。

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラノサイトというメラニン色素を作る細胞を減らし、メラニン色素の生成を抑える成分です。

美白成分として有名なビタミンC誘導体やプラセンタなどの10倍から100倍の効果があり、肌の漂白剤とも言われています。

ハイドロキノンはシミを予防するだけでなく、色素沈着してしまったシミにも働きかけ、実感がとても高いのです。

ただ実感が高いので副作用も出てくる可能性がありますので、使用には注意しなければなりません。

アメリカでは、昔からのシミの治療薬として化粧品に配合され、使用する人が多くいましたが、日本では薬事法により、化粧品に使用する事は許可されていませんでした。

2001年からは化粧品にハイドロキノンの使用が薬事法で許可されるようになりました。

ハイドロキノンの濃度を注意して使う必要があります。

1%から3%は刺激が少ない為に安全性が高いのですが、効果があるかないかは個人差があります。
4%から5%は濃度が高く、刺激を感じる可能性があります。

ハイドロキノンの化粧品を使用する時には必ずパッチテストを行い、赤みや炎症が起きた時には使用を止め、皮膚科を受診しましょう。

また、1年以上使用すると、白斑になる可能性があるので濃度が4%以下のものにするか、長期間同じ場所に使うのは避けましょう。

紫外線の影響も受けやすいので必ず日焼け止めを塗りましょう。

また、開封後は酸化しやすくなる為、1ヵ月程度で使い切るようにしましょう。

ビーグレンのハイドロキノンは、安全に美白できるか?というと、安全で良いと言えます。

ビーグレンのハイドロキノン入りの美白スキンケアを使うといいです。

なお、ビーグレンのハイドロキノン濃度は、1.9%で決して高くはありませんので安心です。

濃度が低いと効果が出ずらいのですが、ビーグレンのハイドロキノンはQソーム浸透技術を用いて作られているので、4%に匹敵すると言われています。

安全性が高い上に効果がとてもあると人気です。

ビーグレンの美白トライアルセット7日間から始められるので試してみるといいです。

お肌に合った方はあと1ヶ月続けてみても良いかと思います。

日本人のお肌に合わせて、研究、開発したものなのでとても安全と言えます。

洗顔、化粧水、美容液、夜用クリーム、クリームの5ステップで美白が実感できると思います。

是非お肌の様子を見ながらビーグレンのハイドロキノンを含む美白ケアを使用してみて下さい。
ビーグレンの美白セットは医薬品並みのホワイトニング力を誇る

また、化粧品だけに頼るのではなく内側からのケアも大事になってきますので、野菜や果物からもビタミンCを摂るように心がけてみて下さい。

ビーグレン公式サイト↓

us