?

ビタブリットcフェイスは使いすぎはダメ?効果的な使い方を教えて!

肌荒れ改善、美肌効果、美白効果。

このような効果に優れているビタミンC。

食べ物から直接体内に取り入れても効果的ですが、肌に直接スキンケアとして取り入れることでより高い効果を実感することができます。

今までニキビ等に悩まされてきた方は、ビタミンC誘導体と書かれた化粧水などを使ってきたケースが多いと思いますが、ビタミンC誘導体は正式に言うと本物のビタミンCではありません。

ビタミンCをスキンケアとして取り入れるのは非常に難しく、それを安定化し簡単にしたのがビタミンC誘導体という人工的に作られたものです。

 

生のビタミンCを取り入れるのは難しいからこそ、ビタミンC誘導体を代わりに取り入れることにより、少しでもビタミンCの効果を得ようとしているのが、今のスキンケアの常識です。

しかし、本物のビタミンCと比較してしまうとビタミンC誘導体で得られる効果はわずかなものです。

そこで、生のビタミンCを直接スキンケアに取り入れようと、世界で特許を取得した純粋なビタミンCが12時間継続的に浸透するパウダーが、ビタブリッドCフェイスです。
詳しくは→話題のビタミンC12時間パック
Cフェイス

ビタブリッドCフェイスは、パウダーを水などに混ぜて寝るだけの全く新しいスキンケアとなっており、ビタミンC誘導体では得られない高い効果が期待できます。

このビタミンCの効果に期待して多くの芸能人や美容家も愛用しているほど、人気が高いのが特徴的です。

ビタミンCの持続効果は12時間となっているため、1日に2回使うことにより24時間効果を持続させることができます。

中にはビタミンCの効果効能を最大限に栄養と、必要以上にビタブリッドCフェイスを取り入れようと考える方がいますが、これはNGです。

必要以上に肌に取り入れることにより、逆に負担となってしまう可能性もあるため、必ず適量を守りながら1日2回というペースで使うようにしてください。

そして、ビタブリッドCフェイスは継続して使っていくことが大切です。

まとめ

私自身、ビタブリッドCフェイスを自分の肌に取り入れてみたところ、最初はかなり違和感を感じました。
口コミを見ていると、私と同じように違和感を感じてしまいすぐに使用を中止してしまった人もいるようですが、この違和感は最初だけですぐに慣れます。
しっかりと効果を実感するためには長期間取り入れてみるのが大切なので、ビタブリッドCフェイスにより、肌トラブルなどが引き起こされていない場合には、必ず使い切るようにしてください。

基本的には水に混ぜて使いますが、私は普段使っている化粧水に混ぜて使っていました。
これなら朝と夜の1日2回忘れることなくしっかり取り入れることができるのでオススメです!
ビタブリッドCフェイスでシミを減らす効果がある使い方

手のひらにパウダーを出してそこに同量の化粧水を垂らす感じでなじませると肌に使いやすくなります。

正しい使い方を守りながら、しっかりとビタミンCの効果を実感してみてくださいね。

↓ビタブリッドCフェイス公式サイト


us