フレキュレルのメリットとデメリットの解決策

敏感肌をお持ちの方にお勧めのオールインワンクリーム、「フレキュレル」。

通販でしか販売されていないため、効果のほどを確認するために各口コミサイトをくまなくチェックされた方は多いのではないでしょうか。

実際に筆者もさまざまなサイトを見てみましたが、敏感肌でも使用可能、すっぴんでも出歩けるようになった、等のポジティブな意見がとても多く、否定的な意見を探すほうが手間取るほどです。

もちろんこういった口コミサイトは、販売促進の意味合いが強いために、どうしても意見に偏りは生じてしまいます。

そんな中で、デメリットとして掲げられていたものが「効果がない」という、一見身もふたもない意見でした。

なぜ、効果がないという意見が挙がってしまうのでしょうか。

今回は、フレキュレルの効能についてご紹介しながら、このようなデメリットを解決する手段があるのか、について説明していきたいと思います。

フレキュレルのメリットは、なんといってもお手軽なオールインワンクリームという形態をとっていることでしょう。

朝食や洗濯、場合によっては入浴など、ただでさえ忙しい朝に、化粧水や美容液を塗布して、その上からメイクを施すという工程を、夜に塗って朝洗い流すフレキュレルはかなり簡略化してくれます。

さらに、そばかすができやすい人に共通の特徴である、敏感肌を十二分に考慮した配合により、多くの方が刺激を感じることなく使用できることも魅力の1つです(個人差があり、すべての方にアレルギー反応が生じないことを保証することはできません)。

フレキュレルは、そばかすにお悩みの方に、まずはこれ以上そばかすが濃くならないようにバリア機能をしっかりと提供します。

トラネキサム酸、アルピニア・カツマダイ種子エキス等をはじめとした有効成分が、そばかすそれ自体の素になるメラニンの分泌を抑制し、悪化を防いでくれます。

フレキュレルをお肌に塗ると、多くの保湿成分をお肌に直接塗布することになり、紫外線によるダメージを軽減してくれるのです。

そして、料理において焼き色がつく現象と同様の反応である、糖化によるくすみも防いでくれます。

このようにフレキュレルは現状維持、つまりそばかす悪化を予防するために多くの力を貸してくれます。

そばかすの除去に関しても、それを促進するための成分はふんだんに含まれているのですが、ここに落とし穴があるのです。

そばかすの除去、つまりメラニンの排出を促進する成分が効果を発揮しても、そばかすが薄くなるまでにはタイムラグが発生するのです。

なぜかというと、メラニンを排出するためには、メラニンが沈着してしまった皮膚がお肌の再生能力、ターンオーバーにより、皮膚ごと剥がれ落ちる必要があるためです。

ターンオーバーの周期には個人差があり、平均的な20代の方で28日周期だと言われていますが、年齢とともに大幅な変化があり、場合によっては2カ月弱の期間を要する方もいます。

つまり、「効果がなかった」とお嘆きの方は、このターンオーバーが完了し、古い皮膚が剥がれ落ちるまでじっくり待てなかった方なのではないか、と考えられるわけです。
フレキュレルの口コミとそばかすが薄くなるという噂は本当?

フレキュレルは、定期購入コースで契約された方の初回に限り、3カ月の返金保証制度を設けているのですが、これもターンオーバーを見越した期間設定と考えられます。

フレキュレルを実際に使用される方は、ターンオーバーの周期を考慮し、少なくとも2カ月以上は連続して使用してみることをお勧めいたします。

公式サイト↓
種類3

u