フレキュレルの副作用と安全安心な使い方

敏感肌をお持ちの方でも安心して使用できるよう、可能な限り添加物を取り除き、お肌への刺激を抑えたそばかす用オールインワンジェル、「フレキュレル」。

染髪剤によく同封されているパッチテストよりも、かなり厳格な試験を実施するアレルギーテストを経て見事ユーザーの手に渡ることとなったこの製品ですが、万人に対して副作用を発生させない、という保証はできません。

重箱の隅をかき回すような話ですが、フレキュレルの中にも、副作用を引きおこす懸念がある物質が含まれているのです。

それは、有効成分のひとつである「グリチルレチン酸ステアリル」と呼ばれる物質です。

抗炎症作用のあるこの物質は、シャンプーやボディソープなどの医療目的以外の商品にもよく使用されています。

抗炎症作用、つまり身体の免疫が引き起こす防御反応によって身体自体がダメージを受けることを防ぐ作用のことですが、このグリチルレチン酸ステアリルは非常に強力な力を発揮することが確認されています。

そのため、副作用として「偽性アルデステロン症」とよばれる諸症状を引き起こす可能性が懸念されています。

具体的な症状としては、むくみ、倦怠感、吐き気、歩行困難、筋力低下等が挙げられます。

しかし、グリチルレチン酸ステアリルによる副作用は、主に服用(薬を飲むこと)によって引き起こされることが多く、フレキュレルのように皮膚に塗布することにより副作用が発生する可能性は、ほとんどないと言えます。

フレキュレルの通販公式サイトでは、使用を控えたほうがいい場合等の指示は見当たらず、これは運営側の怠慢であるか、もしくは強烈なアレルギー反応が発症した事例が報告されていないことによるものだと思われます。

ですが、副作用として日常生活に支障を来す程度の症状が報告されている物質が含まれている以上、なんらかの体調異常を感じた際は直ぐに使用を控えることが賢明であると思われます。

今回筆者は、副作用という言葉でもって、フレキュレルを使用する際の注意を喚起してはいますが、どのような物質にも副作用と呼ばれる症状は存在します。

我々の身体の大部分を構成する水ですら、一度に10リットル以上摂取すれば中毒死してしまうと言われていますし、老化の一番の原因である酸化、つまり錆びは、人間が酸素を取り込んで全身に栄養を運ぶ役割を担わせている以上、避けることはできません。

のびのびと穏やかに余生を過ごしていくことが、抗がん剤の副作用により苦しみながら延命されるよりも重要であると感じる人々がいるからこそホスピス治療が存在するように、私たちの精神的な安定は、どんな科学的な裏付けよりも必要不可欠である場面があるのです。

繰り返しますが、どんなものでも100%の保証はできません。
フレキュレルの口コミとそばかすが薄くなるという噂は本当?

フレキュレルは、外用なので副作用の症状が現れないユーザーがほとんどではあります。

なので気になる、そばかすがある場合は、気軽に試してみてください。
公式サイト↓
種類3

us