フレキュレルの効果とその理由

「そばかすの除去、予防に特化したオールインワンクリーム」という、業界でも珍しいポジションに立つ医薬部外品「フレキュレル」。

刺激に弱い敏感肌の方でも使用可能、そばかすの原因であるメラニンの生成を抑制、すでに沈着してしまったメラニン排出を促進、といった特徴を掲げていますが、この特徴により、どのようにしてフレキュレルがそばかすを除去しうるかについて調べてみました。

そもそも敏感肌の方は、お肌に何かを塗るという行為を、かなり億劫に感じています。

ただでさえ刺激に弱いお肌に、化粧品を用いることで更なるダメージを与えてしまうことを恐れているのです。

そばかすにお悩みの方のほとんどが、そんな色白の敏感肌であることを考えると、そばかすに効果のある化粧品は、何よりもまず刺激に弱いお肌の方でも安心して塗布できるような、低刺激であることが望ましいのです。

しかし、薬局の棚を埋める美白化粧品のほとんどが、治療の仕方がほぼ同じであるシミの「ついで」にそばかすも治すことができる、と謳っているだけで、刺激に弱いお肌を考慮したものはあまり見当たらないのが現状です。

フレキュレルは、香りづけや色付け、保存性を高めるための添加物を使用しないことで、刺激の原因となる物質を最大限取り除いています。

さらに、製品を使用した際のアレルギー反応を調べるために、パッチテストよりも格段に厳重なアレルギーテストを実施しています。

アレルギー反応が絶対に起こらない、という保証にいたるわけではありませんが、品質の安定性に関しての保証はばっちりである、といえるでしょう。

このような低刺激性に特化したフレキュレルを使用しても特段のアレルギー反応が現れなかった方は、いままで試したどの化粧品でも成し得なかった、お肌のバリア機能を手に入れていることでしょう。

もともと、わたしたちのお肌には自然界の脅威に対する必要最低限のバリア機能が備わっているはずなのです。

紫外線という脅威もその例外ではないのですが、色白の方はそのバリア機能が弱く、乾燥しているために常にダメージを受けやすい状態なのです。

紫外線のダメージがお肌に蓄積されていった結果が、シミやそばかすにつながっていくのです。

フレキュレルは、お肌に直接塗布することで保湿を行い、バリア機能を回復します。

さらには、ビタミンCよりも遥かに強力な抗酸化作用を持つ甘草フラボノイドをはじめ、バイオベネフィティ、アルピニア・カツマダイの種子エキスなどがメラニンの分泌を抑制します。

メラニンの分泌が抑制されたなら、今以上のそばかすの悪化は防ぐことができるでしょう。

このように、刺激から遠ざけられて、バリア機能をしっかりと維持したお肌では、自然とターンオーバー、つまりお肌の回復能力が自然と回復していきます。

年齢等により個人差はありますが、だいだい28日周期で表皮の細胞が剥がれ落ち、すぐ下の細胞が表皮としてはたらきはじめるのです。

このターンオーバーの力を維持することができれば、あなたのお肌からそばかすを消し去ることも決して夢物語ではないでしょう。
フレキュレルの口コミとそばかすが薄くなるという噂は本当?
いままでそばかすのないお肌を夢見ながらも、スタートラインにも立てていなかった方々のために、フレキュレルは力を貸してくれることでしょう。
公式サイト↓
種類3

u