フレキュレルの全成分チェックと他との違い

刺激に弱い敏感肌の方にもお勧めできる、そばかすに特化したオールインワンジェル、「フレキュレル」。

口コミをネットで検索すると、モニターを埋め尽くさんばかりの賛辞に、少し辟易としてしまった方も多いのではないでしょうか。

また、見慣れない横文字が多いがために、どのような成分がどういった効果を持つのか、理解しづらいとお嘆きの方もいらっしゃることでしょう。

今回は、フレキュレルに含まれる成分を紹介していき、他の製品と明確にどこが違うのかを検証していきます。

フレキュレルの公式通販サイトに表示されている、堅苦しい雰囲気を醸し出す全成分リストをしらみつぶしに検索してみると、大まかに分類してそばかすの除去に効果のある成分、保湿作用を持つ成分、乳化作用を持つ成分、エモリエント作用を持つ成分、防腐作用を持つ成分の6つのグループに分けることができました。

特徴的であるのが、様々な種類のエモリエント剤が含まれていることです。

エモリエントとは、お肌が保持している水分の蒸発を、疎水性のある物質、つまり油でお肌を覆うことにより防いでしまう働きのことを指します。

セラミドなどの最近よく耳にする成分とは違い、保湿作用が弱いということで、近年ないがしろにされがちであったこのエモリエントという作用ですが、乳化剤(=界面活性剤)がお肌の奥深くまで有効成分を届ける一方、表皮のバリア機能を破壊してしまうというデメリットを補う目的で、フレキュレルでは多く配合されています。

さらに、筆者が注目したのは「プルーン酵素分解物」と呼ばれる物質です。

従来の美白化粧品は、紫外線がお肌に当たってしまった場合にも、メラニンが生成されることをどのようにして防ぐか、という、ゼロリスク的な発想で商品開発が進んでいたように見受けられます。

このプルーン酵素分解物は、そこから一歩踏み出したもう一つの防波堤として、「メラニンがお肌に沈着しても視認できないようにしてしまう」という新しい働きを提供してくれているのです。

さらに、含有成分をざっと眺めると、含有されていない成分にも自然と意識が行くようになります。

フレキュレルは、お肌への刺激を与えてしまう可能性がある香料や着色料、鉱物油を使用していない上に、そばかすの原因となる紫外線を吸収してくれる物質を全く含んでいません。

フレキュレルは、刺激に弱い敏感肌の方でも使用できるような低刺激を特長としていることもあり、即効性があるというよりは、お肌の自然治癒力を高めるためにコンディションを整える働きを重視している向きがあります。

そのため、お肌に負担の大きい紫外線吸収剤に安易に頼らず、甘草フラボノイドなどの植物由来の成分で紫外線に対抗しているのです。

徹底的に低刺激にこだわり、そばかすに悩まされているが、刺激に弱いお肌をお持ちの方への間口を広く設けて、きれいなお肌を取り戻す手助けをしてくれるフレキュレル。
フレキュレルの口コミとそばかすが薄くなるという噂は本当?

もしもあなたが、最初の一歩が踏み出せないでいるのなら、フレキュレルはよきパートナーとなってくれるのでないでしょうか。
公式サイト↓
種類3

u