フレキュレルで効果的な使い方はある?

刺激に弱い敏感肌をお持ちの方の多くが安心して使用でき、そばかすの予防、除去に特化したオールインワンジェル、「フレキュレル」。

フレキュレルの効果を十二分に発揮する、より効果的な使い方はあるのでしょうか。

今回は、そばかすがお肌から除去されるまでの流れという観点から調べてみました。

フレキュレルの含有成分を調べてみると、そばかすの素となるメラニンの排出を促す成分はもとより、その分泌を抑制する成分が多く含まれていることがわかります。

メラニンの分泌を抑制するということは、つまりフレキュレルがメラニンの働きを肩代わりする物質を用意することを意味します。

メラニンの働きを肩代わりする物質として、真っ先に挙げられるものはビタミンCです。

ビタミンCは、人体が紫外線を浴びた際に発生させる活性酸素と戦って、身体を酸化、つまり錆から守ってくれる役割を果たします。

フレキュレルは、そんなビタミンCをはるかに超える抗酸化作用、抗炎症作用を持つ甘草フラボノイドを含んでいます。

さらに、刺激に弱いために乾燥しがちな、敏感肌のバリア機能を正常に整えるべく、数種類のセラミドをはじめとした保湿成分が、紫外線のダメージによるそばかすの悪化を防いでくれるのです。

このように、フレキュレルが含んでいる成分は、メラニンを除去する働きよりも、お肌の健康を維持し、そばかすのこれ以上の悪化を防ぐ土台作りに貢献する類のものが多いことがわかります。

土台が整ったら、後はそばかすを除去するだけなのですが、そばかすを消し去るためには、たとえ医療機関において専門的な治療を受けていたとしても、お肌の再生能力であるターンオーバーの力を借りることには成し得ません。

ターンオーバーは通常約1ヶ月周期で行われるお肌の新陳代謝の名称ですが、個人差があり、長い方は2ヶ月かかってやっとお肌の表面の細胞が剥がれ落ちる、といった場合もあります。

このターンオーバー、食生活やホルモンバランス、睡眠時間などの生活における要因で簡単に周期が乱れてしまいます。

そのため、フレキュレルの効果を十二分に発揮させるためには、規則正しい生活習慣をつづけることで、ターンオーバーを正常な状態になおすことが必要となってきます。

たとえば、ターンオーバーの働きが活発になる、夜22時から翌2時までの時間を睡眠に充てる、10~15分の軽い運動を続けて血行を促進する等の活動が、フレキュレルの薬効をより効果的にしてくれるでしょう。

そばかすを薄くする、または除去するための近道というものは、残念ながら存在しません。

フレキュレルはしかし、お肌をベストなコンディションへと導き、そばかす除去への道のりを早足で駆けて行くための手助けをしてくれることは間違いありません。
フレキュレルの口コミとそばかすが薄くなるという噂は本当?

この機会にぜひ、試してみてはいかがでしょうか。
公式サイト↓
種類3

u