日焼けしてヒリヒリ肌にビタブリッドCフェイスは使える?

紫外線が強い時期になると、うっかり日焼けしてしまい肌がヒリヒリと赤くなっていることがありますよね。

こんな時、少しでも早く紫外線ダメージを改善したいという気持ちから、ビタブリットCフェイスを活用しよう!と思いつく方もいると思いますがちょっと待ってください!

ビタブリットCフェイスは、日焼けを起こした状態の赤くなったヒリヒリ肌にも使うことができるのでしょうか。

公式サイトなどをチェックしてみてもよくわからなかったので、実際にビタブリットのカスタマーセンターに電話で問い合わせてみました。

「日焼けした赤くヒリヒリとした状態の肌に、vビタブリットCフェイスは使っても大丈夫なのでしょうか?」

このように私が質問すると、

「赤く炎症起こした状態の肌に、ビタブリットは絶対に使用しないでください。

理由としては、ビタブリットに含まれているビタミンC成分が炎症を起こして肌の刺激になる可能性があるので、使用する際は肌が炎症を起こしていない場所でお願いします」

以上の回答が戻ってきました。

確かに、ビタブリットCフェイスの特徴は、生ビタミンを肌の内部まで送り届けることのため、炎症を起こした状態だと刺激になる可能性があります。

日焼け後のヒリヒリとした赤い状態は、まずしっかりと冷やして炎症を落ち着かせることです。

そして、有効成分を届けて美白を考えるよりも、肌のバリア機能を回復するためにも保湿を心がけてくださいね。

美容オリーブオイルや保湿クリームでバリア機能を修復するのが優先です。

例えば私がいつも使うのは、アトピスマイルです。

ヒリヒリも治まってバリア機能を修復して潤いアップするのを感じますよ。

顔にも体にも使える保湿ボディクリームです。
公式サイト↓


炎症が治まってその後のシミ改善の美白お手入れとしてビタブリッドCを使うと効果的です。
ビタブリッドCフェイスでシミを減らす効果がある使い方

手持ちの化粧水や保湿クリーム(アトピスマイルなど)に混ぜて使うこともできます。
公式サイト↓