ホクロ・シミ・ソバカスに良い食べ物やレシピを教えて!

年々ほくろやシミ、ソバカスといった昔はなかったのに…というものができてお悩みのあなた。

こうした憎き黒軍団を退治するために効果的な食事方法があります。

そこで、今回は体内から働きかける美容法に着目して、メラニンを撃退する食べ物をご紹介したいと思います。

そもそも、ホクロ、シミ、ソバカスはなぜできてしまうのでしょうか。

ほくろは「色素性母斑」といい、メラニン色素を含む細胞であるメラノサイトが周囲より多く集まってしまうことでできます。

その原因としては、圧倒的に紫外線のダメージが大きいのですが、その他に外的刺激が加わった際や、ストレスや疲労が原因となることもあります。

そして、シミは「色素斑」、または「肝斑」の2つにわかれ、ソバカスは「雀卵斑」といいます。

シミとソバカスはできるメカニズムが似ており、紫外線を浴びることでメラノサイトで作られたメラニンが表面に出てくることで色味が出てしまいます。

通常ならばターンオーバーによって上の皮膚が剥がれ落ち、下から新しい皮膚が出るので薄くなったり、消失しますが、肌代謝の低下によって色素が残ってしまうことがあります。

では、こうしたホクロ、シミ、ソバカスを改善するために何を食べれば良いのでしょうか。

まずは、ビタミンCです。

言わずと知れた美肌成分ですが、シミの原因となる活性酸素を取り除いてくれて、メラニンの生成を抑えてくれる働きがあります。

食品としてはレモンや赤ピーマン、ブロッコリーに含まれています。

次にビタミンB2です。

ビタミンB2は、肌の代謝を高めてくれるので、ターンオーバーの正常化、メラニンの排出を促してくれることでシミやソバカスを薄くしてくれます。

大豆や豚レバー、海苔に多く含まれています。

そして、次にリコピンです。

リコピンはトマトに多く含まれ、紫外線からの肌ダメージから回復させてくれて、メラニンを抑制する力もあります。

そして最後にエラグ酸です。

あまり聞きなれないかもしれませんが、ポリフェノールの一種で抗酸化作用がとても高く、肌細胞の老化を防いでくれます。

ザクロやベリー系の食品に含まれている成分です。

それぞれが含まれている食品は、単体でも良いですが、できるならおいしくいただきたいものですよね。

そこで、美肌になれるおすすめレシピをご紹介します。

まず、ビタミンCと抗酸化作用をとりいれる「ブロッコリー炒め」です。

ブロッコリーとにんじん、エビ、刻みニンニクをオリーブオイルで炒めて塩コショウで味を調えるだけの簡単レシピです。

次に、サーモンのトマトソース煮です。

フライパンでサーモンを焼いた後取り出し、細かく刻んだトマト、オニオンをぐつぐつするまで煮詰め、コンソメを入れたらサーモンにかけていただきます。

抗酸化作用の高いサーモンとトマトを一度においしく摂取できます。

こうした食品で手軽に摂れるのは良いのですが、それでも毎日お買い物をしたりお料理をするのが面倒な時もありますし、今年のように野菜が高くて…と思われる方に朗報です。

シミ、ソバカス改善の効果が認められた、「ロスミンローヤル」という美白医薬品があります。
ロスミンローヤルでシミを減らす効果がある飲み方

ロスミンローヤルには、ビタミンB、C、Eのほか、アミノ酸といった13種類の有効成分に加え、センキュウ、ハンゲ、シャクヤク、ソウジュツといった9種類の生薬成分を配合しています。

さきほどのホクロ、シミ、ソバカスの原因を思い出してください。

紫外線によるダメージと、肌代謝の低下でした。

ロスミンローヤルに含まれる成分はビタミンやアミノ酸といった肌の生成や保湿を促してくれる成分だけでなく、生薬が豊富に含まれていますので、血行の改善にもつながります。

血の巡りを良くすることは、肌のトーンを上げてくれるだけでなく、摂取した栄養素を血液にのせて肌の再生のために届けてくれる役割を果たします。

さらに、ロスミンローヤルは国内で唯一小じわの改善にも効果が認められた医薬品なのです。

公式サイトでは、Web限定のお得なキャンペーンも行っていますので、毎日のお料理だけでは摂取しきれない栄養素を補うのにはぴったりです。

だんだんホクロやシミ、ソバカスが増えてなかなか消えなくなってきたというあなた。

今こそインナーケアに本腰を入れる時です。

普段からの食事への気遣いとともに、ロスミンローヤルでさらに美肌効果をアップしてみてはいかがでしょうか。

*2018年12月22日追記
ロスミンローヤルはキャンペーン終了です。
今もキャンペーン中で口コミでも人気の美白医薬品は、ホワイピュアです。
ホワイピュアはシミに効く!と今も高評価です。
詳しくは↓お得な公式サイト

ホワイピュア

us