地黒の美白に二十年ほいっぷで洗顔すると良い?

自分は地黒だから、色白にはなれないと思っている方いませんか?

私は子供の頃から肌が黒い方で、小学生の頃は、毎日プールに通って、真っ黒に日焼けをしていましたし、大人になってからも色白の知人は海はもちろん、プールに少し行くだけでも肌が焼けて赤くなって痛くて大変という話をよく聞いていたのですが、私はそういう経験がほぼありません。

海で長時間過ごすと、やはりその日はお風呂に入るのがしみて大変ということはありますが、それくらいで赤くて痛くて何日間も困るという経験はなく、すぐに黒くなってしまいます。

色白は憧れるけれど、地黒も悪いことばかりではないな!と思うこともありました。

しかし、地黒の肌でも、二十年ほいっぷを使うことで、美白効果が得られますよ!

二十年ほいっぷは、くすみ肌に悩む人に人気のある洗顔石鹸です。

1度使うだけで肌色が明るくなると人気です。

地黒の人の肌は、遺伝的に少し黒目の肌で、紫外線や乾燥など、外からの刺激でメラニンが肌に蓄積し肌色が暗く見えがちになるのです。

これは「くすみ」によって、色白の人にも同様よに起こることですが、地黒の人は色白の人より同じことが起こっても目立ってしまうだけなのです。

もし、あなたは地黒だと思っていても、本当は単純にくすみがひどくなっているということもあります。

もし、くすみが原因だとしたら、二十年ほいっぷを使うことで、美白効果が期待できます。

二十年ほいっぷは、肌の汚れをしっかり落としますし、それと同時に潤いを与える北海道ホエイを配合しているので、ぜひ使ってみてもらいたいと思います。

二十年ほいっぷの成分が、長年蓄積したくすみに働きかけ、透明感と潤いのある肌へとなるサポートをしてくれます。

二十年ほいっぷは、地黒の肌も美白へ導いてくれる効果が大いに期待できますが、特に使用方法を守って使ってくださいね。

清潔な手で石鹸をしっかりと泡立て、洗顔後は汚れが落ちて肌がつっぱる感じがするので、化粧水で水分をしっかり補給し、乳液やクリームで保湿してください。

二十年ほいっぷで洗っても、保湿をきちんとしないでいると、また外的刺激を受けやすくなりますし、そうなるとメラニンが肌に残り、地黒を進行させてしまうので、基本をきちんと守ってくださいね。

私の知人も地黒の肌の人がいますが、二十年ほいっぷを使い続けていたら、くすみが消えて美白効果がアップしたと言っていました。

洗顔料で一番好きな洗顔石鹸が二十年ほいっぷだそうです。
くすみ専用洗顔石けんの二十年ほいっぷで美白
二十年ほいっぷで正しくスキンケアをして、美白を目指してみませんか。

公式サイト↓
二十年ほいっぷ

u