加齢でシミができる理由とシミを消すコツ

ふと、気づくとシミができていたり、そのシミを放置すると、濃くなったり大きくなったりということはありませんか?

シミは一度できてしまうと簡単には消せませんよね。

シミができないようにすることは不可能なのでしょうか。

そもそもシミができるのはなんでなのでしょうか?

シミについて、まとめました。

まず一般的に言われている「シミ」とは、老人性色素斑・脂漏性角化症・雀卵斑(ソバカス)、炎症性色素沈着、肝斑、花弁状色素斑などがあります。

それぞれ改善へ向けての対策が異なるので、自分がどのタイプのシミかを知ることから始めることが改善への第一歩です。

まず老人性色素斑についてです。

シミの中で一番多いものです。

紫外線の影響でできてしまうものです。

美白化粧品の効果はあまり期待できません。

定着してしまったものにはレーザー治療のみ効果的です。

対策としては、普段から紫外線対策をしっかり行うことです。

次に、脂漏性角化症です。

シミからイボのように盛り上がってできたものです。

これも加齢によるシミのひとつと考えられています。

改善へは、美白化粧品は効果がなくレーザー治療や液体窒素による凍結療法で消せる場合もあります。

3つ目、雀卵斑(ソバカス)についてです。

これは遺伝的に数が決まっていて、増えることや濃くなることはありません。

ソバカスは、遺伝的要素が強いものなので、美白化粧品やレーザー治療でキレイになったとしても、再発する可能性が高いです。

4つ目、炎症性色素沈着についてです。

ニキビ痕や傷跡などがシミとなって残ったものです。

虫刺されの痕がシミのようになって消えないものも、これに当たります。

改善へと対策として、美白化粧品が有効で、ピーリングと併せて行うと即効性が高まりますよ。

注意点として、このケアを行っているあいだは、紫外線対策を普段より更にしっかり行ってください。

紫外線によるダメージを受けると、本来消えるはずのシミが消えにくくなってしまいます。

5つ目は、肝斑についてです。

女性ホルモンのバランスが崩れたときにできるシミです。

妊娠中やピルを服用した時、更年期によく見られます。

改善策して、美白化粧品やピーリング、内服薬を併用すると効果がより早く実感できます。

6つ目は、花弁状色素斑です。

海などで急激に日焼けした後に肩から背中にかけてできる小さなシミを指します。

改善策として、美白化粧品で消えることはほとんどなく、レーザー治療が確実です。

このように、同じ「シミ」でも種類により対策が異なるのですね。

最後にタイトルの加齢ジミができる理由と消すコツですが、理由は「紫外線」です。

ですから、紫外線対策をきちんとすることがまずは大切です。

美白化粧品は年間通して使い、飲む日焼け止めもオススメです。

また肌のターンオーバーが滞るとシミは薄くなりませんし、シミができやすい肌になってしまうので、定期的にピーリングを行い肌の活性化とメラニンを排出するケアを行いましょう。

食生活でも、ビタミンCやビタミンAを積極的に摂ることをオススメします。

他にもコラーゲンや良質なたんぱく質も大切です。

しかし食べ物からこれらの栄養素を摂ることは難しいと思われる方は、飲む美白でシワも解消してくれることで人気の「ロスミンローヤル」をオススメします。

シミやそばかす、シワが薄くなると人気が高いですし、体も元気になったと感じるという話も聞きましたよ。
ロスミンローヤルでシミを減らす効果がある飲み方

美白化粧品でオススメは「ホワイトニングリフトケアジェル」です。

シミやシワ、更に顔のたるみも解消して小顔で引き締め若返ると好評です。
ホワイトニング リフトケアジェルの口コミ!シミ解消効果は本当?

スキンケア化粧品などを上手に使って対策と改善をしていきたいですね。
ロスミンローヤル公式サイトはこちらをどうぞ。

*2018年12月22日追記
ロスミンローヤルはキャンペーン終了です。
今もキャンペーン中で口コミでも人気の美白医薬品は、ホワイピュアです。
ホワイピュアはシミに効く!と今も高評価です。
詳しくは↓お得な公式サイト

ホワイピュア

ホワイトニングリフトケアジェル公式サイト↓
ホワイトニング リフトケアジェル

us