妊娠中や授乳中の敏感肌でもビタブリッドCフェイスは安心して使える?

妊娠中や授乳中に肌トラブルに悩んだという方、多くないでしょうか。

また現在、妊娠中や授乳中で肌トラブルに悩んでいるという方も多いと思います。

妊娠中や授乳中は、ホルモンバランスが変化するので、肌状態が変わります。

新陳代謝が活発になり、メラニンも増加するので、様々な肌の悩みが出てくると考えられています。

妊娠前と同じようにお手入れをしているのに、ニキビができやすかったり、アトピーの症状がひどくなる人もいると聞きます。

私も、妊娠前と同じお手入れをしていたはずなのに、妊娠してから授乳中は、ずっと肌トラブルに悩んでいましたね。

「今だけだから我慢」と思っていましたが、やはり我慢もよくありませんし、改善できるならしたいなと思っていました。

しかし妊娠中や授乳中は、今までと違うお手入れをした方が良いのか、でも美肌用サプリメントを使うことにも不安がありますし、化粧品を変えるのも、もし有害な成分が入っているかもしれないと思うと心配ですよね。

皮膚から有害な成分が吸収されて血液に混ざって全身を巡ることを考えると、やはり使いたくないですね。

何か良いものかはないかと思っていると、有害な物質は含まずに、でも美肌になれるという「ビタブリッドCフェイス」がありました!

妊娠中や授乳中の方も使用できますよ。

なぜかと言うと、純粋なビタミンCを人工的なビタミンC誘導体に頼らず、安定して肌の届けることが可能だからです。

ビタミンCは、空気に触れただけで酸化してしまい壊れてしまうので、多くの化粧品はビタミンC誘導体が配合されています。

しかしビタミンC誘導体には限界があります。

そこでビダブリッドCフェイスです。

必須ミネラルの亜鉛で作られた層状物質LDHを利用して純粋なビタミンCにコーティングを施し、素晴らしい作用を保持した状態のビタミンCを肌へ届けることを可能にしたのがビタブリッドCフェイスなのです。

化学物質は使われていませんし、栄養成分のひとり必須ミネラルの亜鉛を利用しているので、有害物質を含まずにピュアなビタミンを肌内部にダイレクトに届けてくれますよ。

ビタブリッドCフェイスは、妊娠中や授乳中も安心して使えるので、肌トラブルでお悩みの方にぜひ取り入れてみてもらいたいと思います。
ビタブリッドCフェイスでシミを減らす効果がある使い方

ビタミンC12時間パックを実現させたビタブリッドCフェイスを1日2回、朝晩お手入れすることで、24時間ずっとビタミンCの力を実感してくださいね。

↓ビタブリッドCフェイス公式サイト


us