そばかすかシミかわからないが顔にたくさん!どうすれば?

小さい頃からそばかすに悩まされている。

大人になって、そばかすが目立つようになってきた。

いや、そばかすは子供にできるものだから、これはシミ?

このように、加齢とともに変化のある女性の肌には、ちょっとした環境の変化でも肌に影響が出てきます。

シミやそばかすのようなものが出てくるのもその一つ。

毎日見て、見られる顔だからこそ気になります。

シミやそばかすは一旦できたら治すのは難しいのでは。

高級化粧品や美容皮膚科でのレーザー治療をしなければ取れない…。

そのようなイメージを持たれている方も少なくないと思います。

しかし、シミやそばかすは自らのケアと、生活習慣で改善することができるのです。

今回は、悩みの種であるシミやそばかす対策をご紹介します。

まず、シミとそばかすの特徴についてご説明します。

どちらも症状は似ていて、肌に色素沈着が出ている状態になります。

紫外線や外的刺激により、肌を黒くする作用のメラニンを生成し、肌表面にシミやそばかすとして現れます。

そばかすの特徴は、遺伝性による原因が大きく、 家族にそばかすのある人は同様にでやすい傾向にあります。

また色が白い人にも多く、白人系の外国人によく見られるのも、 この色素の薄さが関係しています。

大人になるにつれて薄くなる人もいますが、紫外線をたくさん浴びたり、ホルモンバランスが乱れたり、強い刺激が肌に加わるなど、

さまざまな要因によってそばかすが濃くなったり消えない人もいます。

とくに、鼻や目のまわり、背中や腕などができやすい箇所です。

一方シミは、後天的な要因が強く作用してできます。

若い時にたくさん紫外線を浴びた、顔をゴシゴシ洗う、UVケアをしていないなどの原因によって、そばかすと同じように、メラノサイトが過剰に発生し、シミができてしまいます。

両者とも加齢による肌のバリア機能の低下なども原因の一つとして挙げられます。

では、できてしまったシミやそばかすはどのように対処すれば良いのでしょうか。

メラニンが過剰に生成される原因は、外部からの刺激と、それに対応する肌の機能の衰えです。

したがって、肌本来の機能を存分に発揮できるよう、無駄な刺激をこれ以上加えないようにしましょう。

対策として、徹底した紫外線ケアと負荷を与えないことです。

紫外線は夏だけ対策していれば良いものではなく、1年を通して降り注いでいます。

したがって、冬でもUV対策は忘れないようにしましょう。

また、タオルで顔をごしごし拭く、メイク落としや洗顔を力をかけて行うことも刺激になります。

洗浄力の高いメイク落としを使用する、拭く時にきれいなタオルを使用するなどして、 なるべく刺激を与えにようにしましょう。

そして食事も大切な要素です。

メラニンはビタミンを摂取することで薄くすることができるのです。

食事に、生活習慣の改善。

これらの自発的なケアに加えて、より高い効果を求めている方、または既にセルフケアでの限界を感じている方にお勧めしたいのが、「フレキュレル」です。

シミ、そばかすの改善と美肌効果、そして肌への優しさを追求したクリームです。

シミ、そばかすの原因となるメラニンの生成を抑えるため、既に浴びてしまった紫外線ダメージも抑制してくれます。

さらにメラニンを排出するための、肌代謝アップの成分も含んでいるため、シミ、そばかす化してしまった後でもきちんと作用してくれ、ケアすることができるのです。

肌機能の衰えを感じていたり、できてしまったシミ、そばかすをどうにかしたい!と思っている方は是非フレキュレルを試してみてください。

シミ、そばかすだけでなく、美白、肌質改善といったサポートも期待できるオールインワンクリームです。

何種類もの化粧品を使っても効果がなかった方も、今のケアを見直してみてはいかがでしょうか。

フレキュレルの口コミとそばかすが薄くなるという噂は本当?

u