手の日焼けが酷い!素早く白く戻す方法はある?

日差しが強くなってきましたね。

UV対策をされている方も多いと思いますが、手の日焼け止め対策もされていますか?

私も、わかっているものの顔はきちんと対策しても、つい手は忘れてしまいます。

気付けばアッと言う間に黒く日焼けしてしまっています。

特に手の甲は、日焼け止めを塗っても洗って落ちてしまうこともたびたびあり、その都度塗り直すことも忘れてしまいがちです。

うっかり対策することを忘れてしまうこともありますし、面倒でそもそもやらないこともありますから、手の日焼け対策って正直厄介です。

でも手が黒ずんでいるとネイルをしても映えませんし、やはり白く透明感のある手に憧れる気持ちもあります。

では、どうしたら良いのか、調べたので紹介したいと思います。

まず1つ目は、普段使っている基礎化粧品を美白ラインに変更します。

顔に使ったものを最後に手の甲にもしっかりと馴染ませてあげてくださいね。

すでに日焼けしてしまった肌にも美白の働きかけをしてくれるので、お手入れしてみてください。

乾燥を防ぐ意味で普段からハンドクリームを使っている方は、美白成分が配合されているものを使うと良いですよ。

2つ目は、こちらは急いで白くしたい方にオススメです。

「メイミーホワイト60」という薬用美白クリームパックです。

顔だけでなく手にも使えますし、塗って60秒で美白肌になれると好評です。

継続していくと、本当に肌が白くなります。

インナーパラソル16200 for UVの口コミ評価!飲む日焼け止めの噂は本当?

3つ目は、飲むタイプの日焼け止めサプリを取り入れることです。

サプリメントタイプの飲む日焼け止めなら、これを飲むだけで全身のUV対策をしてくれるので、顔に塗って手に塗って・・・という手間も省けますし、水や汗で落ちてしまう心配もいりません。

飲むタイプの日焼け止めは、いくつか種類がありますが、その中でも特に「インナーパラソル16200forUV」をオススメしたいと思います。

紫外線防止の力が高いニュートロックスサンが1袋に7500ミリグラムも配合されています。

更に美白の働きかけをしてくれる成分も豊富に配合されています。

飲むだけで、全身の紫外線を約60%もカットしてくれます。

小粒タイプで飲みやすいのも特徴と言えます。

このように、身体の内側と外側の両方からお手入れをすることで、日焼けした手も白くすることが可能だと考えられます。

メイミーホワイト60のメリットとデメリットの解決策

1つの方法だけでなく、いくつかの方法を組み合わせるとより良いかもしれませんね。

自分に合う方法で焦らずにお手入れを続けてくださいね。

今回ご紹介した「メイミーホワイト60」と「インナーパラソルforUV」は、どちらも公式サイトがありますので、詳しくはそちらをご覧ください。

rU