トラネキサム酸でそばかすも薄くなるの?

夏に受けた紫外線。

楽しかった思い出と共に、浮かび上がるのはシミやそばかす…。

シミやそばかすの原因は、紫外線だけでなく、ストレス、加齢、ホルモンバランスの乱れなどさまざま。

歳のせいにして、ケアを怠っていてはシミやそばかすは自然治癒しません。

正しいケアをすれば、頑固なシミ、そばかすにも改善の兆しがあります。

今回は、そんな頑固なシミ退治に強力な仲間、トラネキサム酸についてご紹介します。

昨今のサプリブームで、巷ではいろいろな種類のサプリが見られるようになりました。

その中で、「トラネキサム酸」をご存じでしたか。

これは、アミノ酸の一種で、じつは古くから日本でも薬として用いられてきました。

主な効果は止血です。炎症や、じんましんから、血友病、手術時の止血、白血病に至るまで、

さまざまな病の治療に長年役立っています。

そんなトラネキサム酸が注目されだしたのが、シミやそばかすにも効果を発揮することがわかってきたからなのです。

シミやそばかすができる仕組みは、紫外線をはじめとする外部刺激からダメージを受けた表皮細胞が、

プラスミンという炎症を引き起こす活性因子に影響を及ぼすことで生じます。

このプラスミンや、プロスタグランジンなどのメラノサイト(色素細胞)活性化因子が発生することにより、

メラノサイト内のチロシンという成分が変化し、メラニンに変わっていき、シミやそばかすになってしまいます。

シミ、そばかす形成過程で発生する、プラスミンを抑える力があるのが、トラネキサム酸です。

この効果が認められて以降、大手メーカーをはじめ、化粧品、医薬品各社から

トラネキサム酸を配合するサプリなどが販売され始めました。

しかし、内服薬の場合注意すべきことがあります。

もともと、トラネキサム酸は止血を目的として作られているため、

同様の内服薬を処方され服用している場合は、一緒に摂ることはできません。

また、濃度1%で食欲不振や下痢、嘔吐などを引き起こすこともあります。

そこで、現在服用している薬や、もともとの体質により血栓ができやすい方にお勧めなのが、

外からのアプローチです。

とくに、「フレキュレル」は夜クリームを塗るだけという簡単ケア。

メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸を配合しているだけでなく、

肌の代謝を上げ、メラニンの排出を促す、タイムエキスやシュガースクワランなども含んでおり、

よりシミ、そばかす退治に効果的な働きを発揮します。

さらに、効果はもちろんのこと、国内の厳しい基準を満たした工場にて国内生産をしているほか、

香料や着色料などの添加物を使っていない、安全性も高いクリームなのです。

服用するだけでなく、外からでも効果を十分発揮する、トラネキサム酸。

高い効果に加え、安心成分の「フレキュレル」、一度試してみてはいかがでしょうか。

詳しくは→フレキュレルの口コミとそばかすが薄くなるという噂は本当?

us