ビタブリッドCフェイスとBIHAKU(ビハク)ホワイトエッセンスの違い比較!どちらが良い?

あなたはビタミンCを意識的に摂っていますか?

ビタミンCがお肌に良いことはつとに知られており、サプリや化粧品で補っているという方も少なくないと思います。

しかし、あなたが今使ってるそのビタミンCは本当にあなたが効果を望む箇所に届いていますか?

事実、美容液やサプリなどは気休めに近いものがあり、飲んでいれば、使っていれば安心ではあります。

しかし、ビタミンCは健康や美容に良いことは判明しているものの、壊れやすく、届きにくいのも事実です。

そこで今回は、きちんと効果が現れててほしいところで力を発揮してくれる2つのビタミンC入り美容液と化粧品である、BIHAKUホワイトエッセンスとビタブリッドCフェイスの効果を比較し、どちらが良いのかみていきたいと思います。

まず、ビタミンCはなぜ体に良いのでしょうか。

それは、お肌の修復力を高めるほか体内外の酸化を防いでくれるからです。

酸化はりんごを切って放置しておくと茶色ばんでしまうことからもわかるように、お肌にも紫外線の影響からそのような悪影響がもたらされます。

酸化してしまった肌は、シミやくすみ、たるみといった望ましくない肌トラブルの原因となります。

だからこそ、お肌にはビタミンCのもつ高い抗酸化作用を与えたいもの。

しかし、ビタミンCには効果がある一方で熱に弱く壊れやすいことも特徴として挙げられます。

サプリなどで摂取してもそのほとんどは体内で吸収され、効果の現れてほしいお肌にはなかなか届かないことが現実です。

そこで、肌に直接つけるビタミンCからダイレクトにその恩恵を受けることが望ましいのです。

なかでも、ビタブリッドCとBIHAkuホワイトエッセンスはきちんと肌内部の角質層にまで届くので効果を十分に感じることができます。

では、両者の違いはなんなのか、そしてどちらが良いのかさっそくみていきちたいと思います。

まず、ビタブリッドCですが、ビタブリッドCはお手持ちの化粧品に混ぜで使用するパウダータイプの化粧品です。

特徴はなんといっても、無機二重層水酸化物によりビタミンCを挟んで守ることにより、壊れにくく、安定して約12時間もビタミンCをお肌に供給することが可能な点です。
ビタブリッドCフェイスでシミを減らす効果がある使い方

一方、BIHAKUホワイトエッセンスは、オールインワンの美容液でありながら、ノーベル化学賞を受賞したフラーレンという、ビタミンCの約172倍もの抗酸化作用をもつ成分を配合しているほか、合計14種類もの美容成分を配合しているのが特徴です。
BIHAKU(ビハク)ホワイトエッセンス の口コミ効果!シミ悩み解消の噂は本当?

では、どちらが良いのでしょうか。

あくまで美容オタクである筆者の見解ですが、軍配はBIHAKUホワイトエッセンスにあげられます

というのも、ビタブリッドCはやはり効果があるものの、ほかの化粧品に混ぜて使用しなければならない煩雑さ、そして混ぜる化粧品のクオリティによってその効果も左右されてしまうからです。

一方BIHAKUホワイトエッセンスなら、これ1本でもその効果は変わらないばかりか、単にビタミンCをお肌に届けるだけでなく、高い抗酸化作用とヒアルロン酸の数倍もの保湿力をもつプロテオグリカンや、肌の再生能力を高めてくれる幹細胞エキスなどほかの成分も含まれていることがメリットとして挙げられます。

数多あるビタミンC含有化粧品に、どれを選べば良いのか悩ましいあなた。

BIHAUホワイトエッセンスでお肌のストレスだけでなく、ケアにかける時間からも解放されてみてはいかがでしょうか。
BIHAUホワイトエッセンス公式サイト↓
9857

↓ビタブリッドCフェイス公式サイト


rUs+